×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学校飼育動物 ‐ 出張火葬支援サービス

 私ども、クウメモリアルサービス ペット事業部では、園や保育所、小学校におき
まして、飼育されている小動物の旅立ちのお手伝いをさせて頂きます。
 出張火葬を基本(サービスエリア内・小型)無償にて、ご協力いたします。

 お気軽にご相談ください

電話 0771−20−2207   FAX 0771−25−6634

E-Mall kuu-ms@ceres.ocn.ne.jp


 園  長
 所  長   様へ
 学校長


 日頃、園・学校に於きまして、「心の教育」「命の教育」を目的に、ふれあい飼育されている
動物たちの死後をどのようにされているのでしょうか?
 子供たちは、可愛い動物たちとの触れ合いで、命を実感し、思いやりや愛情、さらに、いた
わりのこころを学ぶことでしょう。そして、動物たちの死は、生まれて初めての死別体験にな
る子もいます。亡骸を校庭の片隅に小さなお墓を作って埋めることは、日本人の宗教感から
一般的に行われてきた形です。しかし、現在では、家畜伝染病予防法や人に対する衛生管
理などの面からそのままの亡骸を敷地内に埋めることは避けなければならない場合がありま
す。まずは、家畜保健衛生所や獣医さんに相談する事が必要です。
 そして、預けて終わりではなく、ご遺体は、人と同じく荼毘に臥すことで、無害化し、身近に
葬る事が可能になります。従来通り、お墓を作ったり、パウダー化することで花壇などへ自然
に帰す撒骨も可能になります。私どもは、火葬をお勧めいたします。別れを目の当たりにした
子供たちが真剣にご遺体と向き合うことで、無から生、死後無に還るまでの生命のサイクル
を実感できるでしょう。お墓や、花壇、思い出の場所への散骨で、大人になっても、永久に
思いは残るものです。
 私どもは、教育の一環として、火葬をさせて頂きます。学校へ直接お伺いいたしますので、
是非ご相談・ご依頼ください。






火葬の流れ
出張火葬(基本無料) オプション(無料)
・ご相談
・ご依頼
日程調整 お別れ 火葬 お骨上げ 粉骨(パウダー化)









学校飼育動物サポートリンク
学校における望ましい動物飼育のあり方(文部科学省)
学校飼育動物の飼い方(畜産zoo鑑)
  学校で飼育されている動物の特徴や飼い方などの情報。